iphoneが壊れた!その時にまずしておくべき事は?

まずは自分でできることをやってみよう

iphoneの調子が悪いときにはまずは自分でできることをしてみるのが大切です。物理的に壊れてしまったときにはどうしようもありませんが、動作が不安定になったというような場合であれば簡単に直せる可能性があります。まずは再起動であり、電源ボタンを長押しして電源を切り、少し時間を置いて電源を入れてみましょう。それでも直らないときにはリセットを試してみるのが賢明です。ホームボタンと電源ボタンを同時に長押しするとリセットができます。これでもなおだめという場合には、バッテリーを取り外して入れ直してみるのも効果的です。最後の手段は復元であり、パソコンと接続してソフトウェア側から復元をかけてみてどうかを確認しましょう。

分解する前に修理店へ

再起動、リセット、バッテリーの入れ直し、復元といったことを試してみて直らないときには修理店に相談に行くのが賢明です。ショップなどのオフィシャルなところに相談に行くのも良いでしょう。どちらの場合にも専門家の見地から修理を行ってくれます。費用はかかりますが、自分で分解して修理をしようとするよりは安心できる方法です。もし自分で分解してさらに状況を悪化させてしまった場合、修理店に持って行っても直してもらえなかったり、かえって費用が高くなってしまったりすることもあります。基本的な確認だけやってみてだめだったら、少しは修理費用がかかるという覚悟で修理店に持っていくのが最終的にはコストパフォーマンスが良い方法です。

公式の修理店では、iphone6sのバッテリー 交換を割引き価格で受けることができます。2018年末までと期間が定められているので気を付けて下さい。